dnjiro’s 9VAe blog

誰でもアニメが作れる無料ソフト9VAeきゅうべえ開発者のブログ

図表を動かす動画の作り方

図表を動かす動画の作り方、無料アプリ 9VAe で正確な図表を書く方法を説明します。

パソコンやスマホでできます。いらすとやを動かす方法はこちら音声合成はこちら

ほかの解説動画はこちら

内容:

1.9VAeきゅうべえのダウンロード

アプリはフリーソフト9VAeきゅうべえを使います。下からダウンロードできます

操作方法

  1. 9VAeきゅうべえアニメ研究所をひらき、Downloadをタッチ
  2. ダウンロードする9VAeのアイコンをタッチ
  3. パソコン版は右上のダウンロードボタン。スマホタブレット版はアプリストアから「インストール」して開きます
  4. Mac版は解凍したあと、右ボタンメニューから「開く」を2回。Win版は「詳細情報」から実行します

2.グリッドの設定

正確な図形を入力するにはグリッドを設定するとよいです

操作方法

  1. 表示メニューから、「グリッドを表示する」を設定しましょう。
    スマホ版で、画面が黒なら、表示メニューの「ダークモード」で白黒を反転できます。
  2. 画面にグリッドが表示され、入力した点がグリッド上に正確に配置されます。
    移動量がグリッドの間隔になります

3.文字を入れる

文字サイズは選択枠の拡大縮小、位置はドラッグで移動します

操作方法

  1. 文字入力ボタンをタッチし、文字を入れます。
  2. 文字を入力したら、中心の「+」をドラッグして移動できます。
  3. 選択枠の角の黒いハンドル■をドラッグして、文字のサイズを変更できます。
  4. 表示する順番に、図表にいれる文字を入力します

正確に入力するのは難しいので、適当に入力してあとから整列するのがよいです。

文字サイズについて、編集メニューの「色・種類を記憶」「記憶した色・種類に設定」をつかえば、同じ色、サイズのフォントにそろえられます

4.選んで配置  横に整列

まず文字を横に整列しましょう

操作方法

  1. 上の1行をドラッグして選択します
  2. 配置メニューから「横軸を合わせる」をタッチします
    パソコン版は、調整メニュー>整列の中にあります
  3. 同じようにして、2行目、3行目の文字も横にならべます

5.選んで配置  縦に整列

次に縦に整列しましょう

操作方法

  1. 左の1列をドラッグして選択します
  2. 配置メニューから「縦軸を合わせる」をタッチします、
    パソコン版は、調整メニュー>整列のなかにあります

6.選びたくない時、登録して固定

中央に選びたくない文字があります。選びたくないので登録して固定します

操作方法

  1. 選びたくない文字を選びます。
  2. 右側の登録エリアの「+」ボタンで登録します。スマホ版で、右側のパレットがきえていたら、右下の「もどす」をタッチすればパレットが表示されます(もう一度押すと消えます)
  3. 登録したパレットをタッチし、メニューから「固定」をタッチします。
    登録された文字が選ばれなくなります

7.選んで配置  縦に整列

操作方法

  1. 2列目、3列目、そのほかの列の文字を縦に選んで、メニューから「縦軸を合わせます」

8.四角形で表の罫線を入力

操作方法

  1. 四角形ボタンをタッチします。
    右列のボタンは、塗りのない四角、左列のボタンは塗りのある四角が入力できます。「キーボードがある場合は、コントロールキーを押しながら、四角形を入力するとよいでしょう。スマホタブレットでも、キーボードがあれば正確な図形を入力するのに役立ちます。ショートカットキーが使えるので便利です。グリッドを表示しておけば、グリッド上に枠線が引けます
  2. 続けてコントロールキーを押しながら、四角形を入力します。
    コントロールキーで点が吸着します。最初に入力した四角形の頂点に点が吸着するので、入力しやすくなります
  3. 続けて枠線を入力しましょう

9.文字に枠をつける

操作方法

  1. 右側の登録パレットの文字を登録したボタンをタッチし、メニューから、「選択する」をタッチします。登録された文字が選ばれます
  2. 塗り色パレットで色をえらべば、文字の背景に色がつきます。
  3. 線の種類で「実線」を選べば、文字に枠線がつきます
  4. 文字の上に枠線がかかれているので、重なり順序を上にあげるボタンを、何回かおして、文字を枠線の上に出しましょう

文字の枠線の色、太さは、線の色、太さで設定できます

右側の文字パレットのボタンで、文字枠のサイズを調整できます

10.ひとこまアニメにする

この図に動きをつける方法を説明します

操作方法

  1. 方法は簡単で、ページの上の時間をタッチし、メニューから「ひとこま」をタッチするだけです
  2. プレイボタンをタッチして、動きをみてみましょう

ひとコマアニメについてはこちら

11.動画をMP4出力

操作方法

  1. 「ファイル」メニューから動画出力を実行します。パソコン版9VAeでは、ファイルの保存場所を先に指定します
  2. 高さは1080か、720に設定すると良いでしょう。
  3. 幅は空白にすると比率を合わせて自動設定されます。時間は自動的に設定されます。
  4. 秒のコマ数は30が滑らかな動画になります。
  5. OKボタンを押して、動画出力されるまで待ちましょう。
    iPhoneiPad版では、カメラロールに動画ができます。AndroidChromebookAmazon Fire版では、ダウンロードフォルダのなかの「9VAe」フォルダに出力されます

ファイルメニューから「アニメGIF出力」を選べば、アニメーションGIFを作成できます。プレゼンテーション素材やブログの動画素材として使えます。このサイトの動画もすべて9VAeでアニメGIF作成しています。

 

9VAeきゅうべえのアニメーションの動作原理については、こちらをご覧ください。>ベクトルとビットマップの違い


解説動画の作り方

この記事のひとコマ解説GIFは、フリーソフト9VAeきゅうべえで作成しています。

9VAeきゅうべえのダウンロード

↑これを見るとダウンロード、キーフレーム補間、SVGイラストをパーツ化して口パクさせる方法がわかります。パソコンでもiPadでも同じ操作です。

  • 9VAeきゅうべえで、キャプチャー画面に、矢印や説明を加え、ページに「ひとコマ」設定すると解説動画が作れます。
  • Youtube動画より短く、キャプチャー画面の羅列より見やすいのが特長です。
  • FFmpeg を使って Youtube 動画にすることもできます。

 

画面キャプチャ方法

OS
画面キャプチャ方法
保存先
 Windows
クリップボード
(ペイントに貼り付けて保存)
 Mac
  • Shift + Command + 4 (ShiftキーはZの左、スペースでウィンドウ指定)
デスクトップ
 Android
  •  電源 + 音量Down
 adbコマンド (開発者向け)
  •  adb shell screencap -p /sdcard/screen.png
     adb pull /sdcard/screen.png
フォトアプリ>
ライブラリ>
Screenshots
 
iPhone / iPad
  •  ホームボタン + 電源ボタン
  • サイドボタン + 音量UP
写真>
アルバム>
スクリーンショット
 Linux Mint
  • Print Screen キー
クリップボード
ファイル
 Amazon Fire
  • 電源 + 音量Down 1秒長押し
  • USBケーブルでPCと接続し、
    設定>接続デバイス>USB>ファイル転送
ピクチャ >
スクリーンショット
 Chromebook
  • Shift + Ctrl + ウィンドウ一覧キー(上の中央のキー)
マイファイル >
ダウンロード

キャプチャ画像を転送する方法はこちら

キャプチャ画像を9VAeに読みこむ

f:id:dnjiro:20220119095713g:plain

  1. 画像入力ボタン「山」でキャプチャ画像を読み込む
  2. 画像の中心の「+」をクリック。メニューから「ステージの大きさにする」
  3. 画像の中心の「+」をクリック。メニューから「ページを画像に合わせる」

文字、矢印を入れる

f:id:dnjiro:20220119131719g:plain

  1. 文字入力ボタン「A」で数字を入力
  2. 角の■をドラッグでサイズ変更。
  3. 中心の「+」または枠線のドラッグで移動
  4. 線の種類ボタンをクリック。メニューから「→」で矢印に設定
  5. 折れ線ボタンをクリック
  6. 開始点
  7. 終了点
  8. 選択ボタンで入力終了
  9. 太さ設定ボタン。メニューから「太くする」で太くできます。
  10. 文字入力ボタン「A」で説明文章を入力
  11. 背景の色を設定
  12. 線の種類メニューの「ー」で枠線がつきます
  13. 太さ設定ボタン。メニューから「太くする」で太くできます。

文字の色、縁、影をつける

f:id:dnjiro:20220119140955g:plain

  1. 文字を選ぶ
  2. 文字タブ2をクリック
  3. 文字の色をクリック
  4. 赤に設定
  5. 文字と矢印をドラッグして選ぶ
  6. 図形タブ1をクリック
  7. 線の種類から「縁をつける」
  8. 線の種類から「影をつける」、線の種類から「広く」
  9. 線の色「赤」

ひとコマアニメーションにする

  1. ページ時間をクリック。メニューから「ひとコマ」を設定。これでアニメーションができます。
  2. プレイボタンで再生してみましょう。入力した順番に文字、矢印がでてきます。
  3. これで1ページ完成です。続きを作りたい場合は、ページの右側の「+」をクリックし「続きのページを作る」で、2ページ目が作成できます。

アニメGIF、動画出力

  • ファイルメニュー>アニメGIF出力」または「動画出力」で、好きなサイズのアニメGIF または MP4動画 が作成できます。
    Win / RaspberryPi / Linux版 でMP4動画を作るには FFmpeg が必要Youtube解説
  • スマホの場合、端末内の「9VAe」フォルダの中に出力されます。フォトアプリで、「端末内の写真>9VAe」で見ることができます。
  • アニメGIFは、背景を透明にできます。音がいれられません。
  • MP4動画には音が入れられます。Youtubeに投稿できます。Youtubeに投稿する場合、1秒30コマ、高さ720 または 1080 で出力するとよいでしょう。

 

 

9VAeをつかえば素材動画が作れる 

      • 9VAeきゅうべえを使えば、オリジナルの素材動画が簡単に作れます。
      • Openclipart や  FreeSVG などフリーのSVGイラストをつかって動くキャラクタが作れます。
      • 動画編集ソフトで動画に合成できます。

OS

無料動画ソフト

9VAeで作れる素材

Windows

CapCut

AviUtl

MP4

連番PNG または MP4

Mac/iPhone/iPad

CapCut

iMovie

MP4 

MP4

Android

CapCut

PowerDirector

MP4

GIF または MP4

作り方

 

      • もっと長いアニメを作ることもできます。以下をご覧ください。

9VAeきゅうべえ:長いアニメを作る方法 - Qiita

 

 

9VAeきゅうべえに関する質問

 

 

ディスコード(Discode) に参加する方法:ひとコマ解説

Discode に参加する方法を説明します。



ほかの解説動画はこちら

 

Discode とは

  • Discodeは、招待制のグループが無料でつくれるサービスです。グループのことをDiscodeでは「サーバー」とよびます
  • メールアドレスと生年月日で、Discodeにアカウントを作成します。ひとつのアカウントで、Discodeの複数グループに参加できます。
  • 参加するには、参加用の招待リンクを教えてもらう必要があります
  • Discode の中で、Zoomのような、ビデオ、音声、テキストチャットの会議ができます。
  • いろんなデータをDiscodeのなかで整理、保存することができます。
  • Discodeのヘルプはこちら

 

Discode への参加の仕方

・参加したいグループ(サーバー)から、招待アドレスをもらい、タッチします。

パソコンならブラウザだけで仮のアカウントで参加できます。スマホタブレットはアプリのインストールが必要です。下の手順とはすこし異なるかもしれません

  1. 招待リンクをタッチしたら、Discodeで表示する名前(ペンネーム)を登録します
  2. 「はい」
  3. 「私は人間です」にチェック
  4. 人間かどうか確認する質問が表示されたら、答えの画像を選びます
  5. 「次へ」
  6. 生年月日を入力して「完了」をクリック
  7. メールアドレス、パスワードを入力して「アカウントを作成する」をクリック。(パソコン(Windows/Mac/Linux)はこの登録をしなくても中にはいれますが、投稿できないようです。)
  8. 入力したメールアドレスに確認メールが届くので、確認のリンクをクリック
  9. 「デスクトップアプリを入手」で、専用アプリがダウンロードできます。ビデオ会議に参加する場合はアプリをいれるとよいでしょう。テキストだけならパソコンのブラウザでも問題ないようです
  10. Windowsなら右上のダウンロードボタンから、ダウンロードしたインストーラを実行できます
  11. アプリをインストールした場合は、上の7で登録した、メールアドレス、パスワードを入力すれば、Discode にはいれるはずです

 

■在席表示、プロフィール、ログアウト

  1. 左下に自分の名前が表示されています。そこをタッチするとアカウントの設定画面が開きます
  2. 「オンライン」をタッチすると「退席中」「取り込み中」に変更できます。現在の自分の状態を、ほかのメンバーに知らせるのにつかいます
  3. 上の鉛筆ボタンのタッチで、プロフィールを修正できます。アイコンの画像を変更したり、自分のプロフィールを設定できます
  4. Discodeからログアウトするには、アカウント表示の右側の歯車ボタンをタッチします。
  5. 左側の項目を上にドラッグすれば、一番下に「ログアウト」があります
  6. 「ログアウト」で退出できます。

 

■トピック(#チャンネル)切り替え

トピックのことをDiscodeでは「チャンネル」といいます

  1. 画面の左側の「#」をつかって、いろんなトピックが整理されています。例えば「#自己紹介」をタッチし、自己紹介を書き込むとよいでしょう
  2. 「#」の前の「>」をタッチすると「V」に変わって中のトピックがみえます。「V」のタッチで「>」になって閉じることができます
  3. トピック(チャンネル)を右ボタンでタッチし、友達を招待(招待リンクを作成)できます。招待リンクは有効期限が7日ですが、無期限にもできます

 

■メール(ダイレクトメッセージ)

  1. Discodeのメンバーに、ダイレクトメッセージを送ることができ、そのメールは右上の「〒」ボタンで見ることができます。

 

■サーバーから退会する方法

  1. Discodeのグループから退会するには、グループ(サーバー)の名前の右側の「v」ボタンをタッチし、サーバー設定画面を開きます
  2. 一番下に「サーバーから脱退」で脱退できます。もう一度参加するには、招待のリンクアドレスをもらう必要があります。

 

内容:


解説動画の作り方

この記事のひとコマ解説GIFは、フリーソフト9VAeきゅうべえで作成しています。

9VAeきゅうべえのダウンロード

 

  • 9VAeきゅうべえで、キャプチャー画面に、矢印や説明を加え、ページに「ひとコマ」設定するだけで作れます。
  • Youtube動画より短く、キャプチャー画面の羅列より見やすいのが特長です。
  • FFmpeg を使って Youtube 動画にすることもできます。

 

画面キャプチャ方法

OS
画面キャプチャ方法
保存先
 Windows
クリップボード
 Mac
  • Shift + Command + 4 (スペースでウィンドウ指定)
デスクトップ
 Android
  •  電源 + 音量Down
 adbコマンド (開発者向け)
  •  adb shell screencap -p /sdcard/screen.png
     adb pull /sdcard/screen.png
フォトアプリ>
スクリーンショット
 
iPhone / iPad
  •  ホームボタン + 電源ボタン
  • サイドボタン + 音量UP
写真>
アルバム>
スクリーンショット
 Linux Mint
  • Print Screen キー
クリップボード
ファイル
 Amazon Fire
  • 電源 + 音量Down 1秒長押し
  • USBケーブルでPCと接続し、
    設定>接続デバイス>USB>ファイル転送
ピクチャ >
スクリーンショット

 

キャプチャ画像を9VAeに読みこむ

f:id:dnjiro:20220119095713g:plain

  1. 画像入力ボタン「山」でキャプチャ画像を読み込む
  2. 画像の中心の「+」をクリック。メニューから「ステージの大きさにする」
  3. 画像の中心の「+」をクリック。メニューから「ページを画像に合わせる」

文字、矢印を入れる

f:id:dnjiro:20220119131719g:plain

  1. 文字入力ボタン「A」で数字を入力
  2. 角の■をドラッグでサイズ変更。
  3. 中心の「+」または枠線のドラッグで移動
  4. 線の種類ボタンをクリック。メニューから「→」で矢印に設定
  5. 折れ線ボタンをクリック
  6. 開始点
  7. 終了点
  8. 選択ボタンで入力終了
  9. 太さ設定ボタン。メニューから「太くする」で太くできます。
  10. 文字入力ボタン「A」で説明文章を入力
  11. 背景の色を設定
  12. 線の種類メニューの「ー」で枠線がつきます
  13. 太さ設定ボタン。メニューから「太くする」で太くできます。

文字の色、縁、影をつける

f:id:dnjiro:20220119140955g:plain

  1. 文字を選ぶ
  2. 文字タブ2をクリック
  3. 文字の色をクリック
  4. 赤に設定
  5. 文字と矢印をドラッグして選ぶ
  6. 図形タブ1をクリック
  7. 線の種類から「縁をつける」
  8. 線の種類から「影をつける」、線の種類から「広く」
  9. 線の色「赤」

ひとコマアニメーションにする

f:id:dnjiro:20220119154101g:plain

  1. ページ時間をクリック。メニューから「ひとコマ」を設定。これでアニメーションができます。
  2. プレイボタンで再生してみましょう。入力した順番に文字、矢印がでてきます。
  3. これで1ページ完成です。続きを作りたい場合は、ページの右側の「+」をクリックし「続きのページを作る」で、2ページ目が作成できます。

アニメGIF、動画出力

  • ファイルメニュー>アニメGIF出力」または「動画出力」で、好きなサイズのアニメGIF または MP4動画 が作成できます。
    Win / RaspberryPi / Linux版 でMP4動画を作るには FFmpeg が必要です
  • スマホの場合、端末内の「9VAe」フォルダの中に出力されます。フォトアプリで、「端末内の写真>9VAe」で見ることができます。
  • アニメGIFは、背景を透明にできます。音がいれられません。
  • MP4動画には音が入れられます。Youtubeに投稿できます。Youtubeに投稿する場合、1秒30コマ、高さ720 または 1080 で出力するとよいでしょう。

 

 

9VAeをつかえば素材動画が作れる 

      • 9VAeきゅうべえを使えば、オリジナルの素材動画が簡単に作れます。
      • Openclipart や  FreeSVG などフリーのSVGイラストをつかって動くキャラクタが作れます。
      • 動画編集ソフトで動画に合成できます。

OS

フリーソフト

9VAeで作成する素材動画

Windows

AviUtl

連番PNG または MP4

Mac/iPhone/iPad

iMovie

MP4 または QuickTime(古いMac)

Android

PowerDirector

GIF または MP4

作り方

 

      • もっと長いアニメを作ることもできます。以下をご覧ください。

9VAeきゅうべえ:長いアニメを作る方法 - Qiita

 

 

9VAeきゅうべえに関する質問

 

 

地図を動かす動画の作り方

地図を動かす動画の作り方を説明します。

パソコンやスマホの無料アプリで作れます。いらすとやを動かす方法はこちらダンス動画の作り方はこちら音声合成はこちら



ほかの解説動画はこちら

内容:

1.9VAeきゅうべえのダウンロード

アプリはフリーソフト9VAeきゅうべえを使います。下からダウンロードできます

操作方法

  1. 9VAeきゅうべえアニメ研究所をひらき、Downloadをタッチ
  2. ダウンロードする9VAeのアイコンをタッチ
  3. パソコン版は右上のダウンロードボタン。スマホタブレット版はアプリストアから「インストール」して開きます
  4. Mac版は解凍したあと、右ボタンメニューから「開く」を2回。Win版は「詳細情報」から実行します

2.OpenClipart から日本地図を読み込む

ブラウザで、248220、map、OpenClipart を検索

操作方法

  1. SVGボタンを右ボタンでクリックし、メニューから名前をつけてリンク先を保存を実行。スマホの場合は、長押しして、画像をダウンロードでもかまいません
  2. ファイルメニューの「開く」でダウンロードしたファイルを開きます
  3. ページの右側の「+」をタッチし、メニューから「続きのページをつくる」をタッチし、2ページを作ります
  4. 外からドラッグして全部選びます。
  5. 左下の「ー」ボタンを、何回かタッチし、表示倍率を小さくします
  6. 選択枠の角のハンドルをドラッグし、日本地図を拡大します。大阪府が中央にくるように位置も調整しましょう。
  7. 左下の虫眼鏡ボタンでもとの倍率に戻ります
  8. ページの右側の「+」をタッチし、メニューから「続きのページをつくる」をタッチし、3ページを作ります
  9. 外からドラッグして見えている部分を選びます。
  10. 左下の「ー」ボタンを、何回かタッチし、表示倍率を小さくします
  11. 選択枠の角のハンドルをドラッグし、日本地図を拡大します。大阪府が中央にくるように位置も調整しましょう。
  12. 左下の虫眼鏡ボタンでもとの倍率に戻ります

3.ウィキペディアから大阪府の地図を読み込む

ブラウザで、map of osaka SVGを検索

操作方法

  1. 地図を右ボタンでクリックし、メニューから「名前をつけてリンク先を保存」を実行。画像ではなく、SVGファイルを、ダウンロードする点に注意してください
  2. 「9VA」ボタンのメニューから、「9VAアニメをいれる」でダウンロードしたファイルを開きます。「9VA」ボタンから読み込むと、アニメキャストというパーツになります
  3. 読み込んだ地図の選択枠の角のハンドルで大きさが変更できます。中心の「+」のドラッグで場所がかえられます。日本地図の大阪府の上に、重なるように調整

4.大阪府の外枠を消す

ウィキペディアの地図に枠がついているので削除しましょう

操作方法

  1. 選択枠の中心の「+」をタッチし、メニューから、「アニメの中を修正」をタッチします。大阪府の地図の中身が開きます
  2. 地図を選んで、
  3. 左側の点選択ボタンをタッチします。地図の中の点が全部表示されます
  4. 外側の枠線の点を、一部、囲んで選択します。
  5. もう一度、点選択ボタンを押せば、外枠の線以外の点が選択からはずれます
  6. もう一度、点選択ボタンをタッチすれば、枠線が選択された状態になります。
  7. 削除ボタンで、枠線が消えます
  8. 上の太い文字は、ファイル名や、アニメキャストの名前です。一番左をタッチし、メニューから「このアニメにもどる」をタッチすれば、もとのファイルに戻ります。

5.埋立て地を拡大

操作方法

  1. ページの右側の「+」をタッチし、メニューから「続きのページをつくる」をタッチ。4ページを作ります
  2. 外からドラッグして見えている部分を選びます。
  3. 左下の「ー」ボタンを、何回かタッチし、表示倍率を小さくします
  4. 選択枠の角のハンドルをドラッグし、大阪府の地図を拡大します。埋立て地が中央にくるように位置も調整しましょう。
  5. 左下の虫眼鏡ボタンでもとの倍率に戻ります。埋立て地を拡大しました。
    このなかの、夢洲で、万博がおこなわれます

6.夢洲の形を追加

操作方法

  1. ページの右側の「+」をタッチし、メニューから「続きのページをつくる」をタッチ。5ページを作ります
  2. 大阪府の地図を選択
  3. 選択枠の中心の「+」をタッチし、メニューから「アニメの中を修正」をタッチします。大阪府の地図の中身が開きます
  4. 左下の「+」ボタンで画面を拡大します
  5. 地図を選んで、
  6. 左側の「点選択」ボタンをタッチします。全ての点が表示されます
  7. 夢洲の点の一部を選んで、
  8. もう一度点選択ボタンをタッチします。夢洲の点だけが表示されます
  9. 記憶ツールの上の「コピー」ボタンをタッチすれば、夢洲の形が記憶ツールにはいります
  10. 上の太い文字の一番左をタッチし、メニューから「このアニメにもどる」をタッチすれば、もとのアニメに戻ります。
  11. 記憶ツールの下の、「貼り付け」ボタンから「複製する」で、夢洲の形がはいります

7.夢洲の色を変える。ふちを強調する

操作方法

  1. 記憶ツールからいれた形を、地図の正しい位置にはまるよう、大きさや位置を調整します
  2. 色は、右側の、「塗り色」パレットで設定できます。
  3. 下の「線の太さ」ボタンで、線の太さが変えられます
  4. 「線の種類」ボタンをタッチすれば、メニューから、線にぶれの効果をつけたり、影をつけたりできます

8.図形、矢印、文字をいれる

操作方法

  1. 線の色を設定します。
  2. 「線の種類」で、ふちをつけます。
  3. ふちの色は、塗り色の右側のボタンです。
  4. 左側の、「円をかく」ボタンをタッチし、夢洲の上に、リングを書きましょう
  5. 矢印をいれるには、「折れ線」ボタンをタッチします。
  6. 「矢印の種類」ボタンで、右向き矢印を選びます。
  7. 開始点、
  8. 終了点の順番にタッチ。最後の点を2回タッチすれば、入力完了します
  9. 「A」ボタンで文字をいれます。
  10. 文字入力してから、塗り色をえらべば、文字背景がつきます。
  11. 「線の種類」で枠線がつきます
  12. 枠線の色は「線の色」ボタンで設定できます

9.時間をひとコマにする

操作方法

  1. ページの時間を、タッチし、「ひとコマ」に設定すれば、自動的にアニメーションができます。
  2. 「プレイ」ボタンをおして、動きをみながら、おかしい部分は調整してください。

10.動画をMP4出力

操作方法

  1. 「ファイル」メニューから動画出力を実行します。パソコン版9VAeでは、ファイルの保存場所を先に指定します
  2. 高さは1080か、720に設定すると良いでしょう。
  3. 幅は空白にすると比率を合わせて自動設定されます。時間は自動的に設定されます。
  4. 秒のコマ数は30が滑らかな動画になります。
  5. OKボタンを押して、動画出力されるまで待ちましょう。
    iPhoneiPad版では、カメラロールに動画ができます。

 

アニメキャストについて、こちらも参考になります。>ベクトルとビットマップの違い


解説動画の作り方

この記事のひとコマ解説GIFは、フリーソフト9VAeきゅうべえで作成しています。

9VAeきゅうべえのダウンロード

↑これを見るとダウンロード、キーフレーム補間、SVGイラストをパーツ化して口パクさせる方法がわかります。パソコンでもiPadでも同じ操作です。

  • 9VAeきゅうべえで、キャプチャー画面に、矢印や説明を加え、ページに「ひとコマ」設定すると解説動画が作れます。
  • Youtube動画より短く、キャプチャー画面の羅列より見やすいのが特長です。
  • FFmpeg を使って Youtube 動画にすることもできます。

 

画面キャプチャ方法

OS
画面キャプチャ方法
保存先
 Windows
クリップボード
(ペイントに貼り付けて保存)
 Mac
  • Shift + Command + 4 (ShiftキーはZの左、スペースでウィンドウ指定)
デスクトップ
 Android
  •  電源 + 音量Down
 adbコマンド (開発者向け)
  •  adb shell screencap -p /sdcard/screen.png
     adb pull /sdcard/screen.png
フォトアプリ>
ライブラリ>
Screenshots
 
iPhone / iPad
  •  ホームボタン + 電源ボタン
  • サイドボタン + 音量UP
写真>
アルバム>
スクリーンショット
 Linux Mint
  • Print Screen キー
クリップボード
ファイル
 Amazon Fire
  • 電源 + 音量Down 1秒長押し
  • USBケーブルでPCと接続し、
    設定>接続デバイス>USB>ファイル転送
ピクチャ >
スクリーンショット
 Chromebook
  • Shift + Ctrl + ウィンドウ一覧キー(上の中央のキー)
マイファイル >
ダウンロード

キャプチャ画像を転送する方法はこちら

キャプチャ画像を9VAeに読みこむ

f:id:dnjiro:20220119095713g:plain

  1. 画像入力ボタン「山」でキャプチャ画像を読み込む
  2. 画像の中心の「+」をクリック。メニューから「ステージの大きさにする」
  3. 画像の中心の「+」をクリック。メニューから「ページを画像に合わせる」

文字、矢印を入れる

f:id:dnjiro:20220119131719g:plain

  1. 文字入力ボタン「A」で数字を入力
  2. 角の■をドラッグでサイズ変更。
  3. 中心の「+」または枠線のドラッグで移動
  4. 線の種類ボタンをクリック。メニューから「→」で矢印に設定
  5. 折れ線ボタンをクリック
  6. 開始点
  7. 終了点
  8. 選択ボタンで入力終了
  9. 太さ設定ボタン。メニューから「太くする」で太くできます。
  10. 文字入力ボタン「A」で説明文章を入力
  11. 背景の色を設定
  12. 線の種類メニューの「ー」で枠線がつきます
  13. 太さ設定ボタン。メニューから「太くする」で太くできます。

文字の色、縁、影をつける

f:id:dnjiro:20220119140955g:plain

  1. 文字を選ぶ
  2. 文字タブ2をクリック
  3. 文字の色をクリック
  4. 赤に設定
  5. 文字と矢印をドラッグして選ぶ
  6. 図形タブ1をクリック
  7. 線の種類から「縁をつける」
  8. 線の種類から「影をつける」、線の種類から「広く」
  9. 線の色「赤」

ひとコマアニメーションにする

  1. ページ時間をクリック。メニューから「ひとコマ」を設定。これでアニメーションができます。
  2. プレイボタンで再生してみましょう。入力した順番に文字、矢印がでてきます。
  3. これで1ページ完成です。続きを作りたい場合は、ページの右側の「+」をクリックし「続きのページを作る」で、2ページ目が作成できます。

アニメGIF、動画出力

  • ファイルメニュー>アニメGIF出力」または「動画出力」で、好きなサイズのアニメGIF または MP4動画 が作成できます。
    Win / RaspberryPi / Linux版 でMP4動画を作るには FFmpeg が必要Youtube解説
  • スマホの場合、端末内の「9VAe」フォルダの中に出力されます。フォトアプリで、「端末内の写真>9VAe」で見ることができます。
  • アニメGIFは、背景を透明にできます。音がいれられません。
  • MP4動画には音が入れられます。Youtubeに投稿できます。Youtubeに投稿する場合、1秒30コマ、高さ720 または 1080 で出力するとよいでしょう。

 

 

9VAeをつかえば素材動画が作れる 

      • 9VAeきゅうべえを使えば、オリジナルの素材動画が簡単に作れます。
      • Openclipart や  FreeSVG などフリーのSVGイラストをつかって動くキャラクタが作れます。
      • 動画編集ソフトで動画に合成できます。

OS

無料動画ソフト

9VAeで作れる素材

Windows

CapCut

AviUtl

MP4

連番PNG または MP4

Mac/iPhone/iPad

CapCut

iMovie

MP4 

MP4

Android

CapCut

PowerDirector

MP4

GIF または MP4

作り方

 

      • もっと長いアニメを作ることもできます。以下をご覧ください。

9VAeきゅうべえ:長いアニメを作る方法 - Qiita

 

 

9VAeきゅうべえに関する質問

 

 

Python パイソンで PDFからテキストファイルを作る方法

Python パイソンで PDFからテキストファイルを作る方法を解説しました。Pythonで アニメを作る方法はこちらPythonの使い方はこちら

 

ほかの解説動画はこちら

目次

Python (パイソン) の入手

Windows の場合

ラズベリーパイの場合

Mac の場合

  • M1版 Macの場合、Python.jpのフルインストーラ版から、ダウンロードするのが簡単。ここ(pythonlinks.python.jp) からダウンロードできます。
  • IntelMac では、python (Ver2), python3(Ver3) が最初からはいっており、ターミナルから使えました。
  • ターミナルは「アプリケーション>ユーティリティ」の中にはいっています。ドックの上にターミナルアイコンをドラッグして登録しておくとよいでしょう。

python2 と python3 の違い

  • python2 と python3 で書き方が違うところがあるので注意(ネット上には、python2のプログラムもあり、そのまま python3で動かすとエラーになります)
  • プログラムに日本語を入れたいとき(表示したい文字が日本語など)は、python3 を使います。

 

Python (IDLE) の起動

Pythonを使ってみましょう。基本的な IDLE を使ってみます。

Windows の場合

  1. Windowsボタンをクリックし「python」と入力して、アプリ IDLE(Python) を実行。
  2. ターミナルから「idle」を実行してもかまいません。Python という名前で IDLE が起動します。

ラズベリーパイの場合

  1. 画面左上の Raspi ボタン>Programming(プログラミング) > Python の Shell ウィンドウ(実行画面)が開きます。

 

IDLE(Python)の操作

  1. Fileメニューから、New File を実行。エディタがひらきます
  2. ここに下のようなプログラムを入れます 
  3. Run メニューから、Run Module を実行
  4. Pythonウィンドウで実行されます。エラーがあれば、ここに表示されます

PDFを読み込むライブラリ:pyMuPDF

 

Python のプログラム 例1

pymupdf がインストールできたら、下の Python プログラムをいれてみましょう。

  1. PDFファイルを開く
  2. 中のテキストを表示
import fitz # PDF処理(pymupdf)
srcPDF = "c:/test/test.pdf" # PDFファイル適当に修正してください
fr = fitz.open(srcPDF)
for pg in fr:
    txt=pg.get_text()
    txt=txt.replace('\n', '') #改行削除
    print(txt)
fr.close()
a = input("***end*** ")
  • import fitz は、PDFファイル処理するライブラリです、pymupdf で導入
  • srcPDF は、PDFファイルのフルパス。パスの区切りは「/」です
  • fitz.open() がPDFファイルを開く関数。
  • for pg in fr: は、1ページずつ読み出して、pg にいれるの意味
  • pg.get_text()でテキストを取得、txt.replace('\n', '')で改行を削除しています
  • print() でテキストを表示
  • Input() 文字入力関数で、"***end*** " を表示して入力待ちになります

Runメニュー>Run Module で実行します。エラーがなければ PDFの中の文字が表示されるはずです。

Python のプログラム 例2

このプログラムを改造してみましょう。

  1. PDFから取得した文字列のうち、ある文字列1から文字列2までを書き出す

プログラム例を示します。

import fitz # PDF処理(pymupdf)
import os # ファイル操作
srcPDF = "c:/test/test.pdf" # PDFファイル outTXT = "c:/test/out.txt" # 出力先フォルダ(各自の環境に合わせて修正) srch1="文字列1" #ここから srch2="文字列2" #ここまで fr = fitz.open(srcPDF) txt="" for pg in fr: txt+=pg.get_text() fr.close() x1=txt.find(srch1) if x1>=0: txt=txt[x1:] x2=txt.find(srch2) fw = open(outTXT,'x') # 'x'新規 'w'既存ファイルに書き込み 'a'追記 fw.write(txt[0:x2]) # 文字列2までのテキストを書き込みます fw.close() # 書き込み終了 a = input("***end*** ")
  • x1=txt.find(srch1) で、文字列1をサーチします。文字が見つかれば x1 は0以上になります
  • txt[x1:]は、x1番目(先頭は0)文字から最後までの文字列
  • x2で文字列2をサーチします
  • fwで文字列を書き出します

Runメニュー>Run Module で実行します。エラーがなければ テキストが作成されるはずです。

 

さらに勉強をすすめたいなら

9VAeきゅうべえに関する問い合わせ

 

 

 

 

立体イラストを3次元的に回転させる動画の作り方

下の動画は、「快盗ハラマン実体テレビ」というアニメのオープニング映像です。
3次元の実体テレビが立体的に回転しています。このアニメの作り方を説明します。

パソコンやスマホの無料アプリで作れます。いらすとやを動かす方法はこちらダンス動画の作り方はこちら音声合成はこちら

ほかの解説動画はこちら

内容:

1.9VAeきゅうべえのダウンロード

アプリはフリーソフト9VAeきゅうべえを使います。下からダウンロードできます

操作方法

  1. 9VAeきゅうべえアニメ研究所をひらき、Downloadをタッチ
  2. ダウンロードする9VAeのアイコンをタッチ
  3. パソコン版は右上のダウンロードボタン。スマホタブレット版はアプリストアから「インストール」して開きます
  4. Mac版は解凍したあと、右ボタンメニューから「開く」を2回。Win版は「詳細情報」から実行します

2.穴のあいた図形の書き方

操作方法

  1. 最初に八角形をかきます。多角形塗りつぶしのアイコンをタッチします
  2. 時計回りに頂点を、順番に入力します。最初の点をタッチすると、入力が完了します。
  3. 左右に2つ、穴をあけます。穴の形は、時計の逆回りに入力します
  4. 3つの図形が入力できたら、選択ボタン
  5. 外側からドラッグして3つの図形を選びます
  6. 選択枠の中心のプラスをタッチし、メニューから「グループ化」を選びます。
  7. もう一度、中心のプラスをタッチし、「いっしょに塗る」をタッチします。2つ穴があいた、図形ができます。
  8. 外側の図形と、穴の図形が、逆回りにかかれていれば、穴があきます。もし穴があかなければ、中心のプラスメニューから「穴の反転」をタッチし、穴の図形をタッチしてください。

3.実体テレビの足をかく



操作方法

  1. 多角形塗りつぶしで、足を入力します。
  2. 色は右上のパレットで、かえられます

4.パネルを複製して手前にずらす

操作方法

  1. 選択ボタンをタッチして、パネルを選ぶと、選択枠がつきます
  2. 選択枠の中心のプラスをタッチし、メニューから、「複製」します。
  3. 左側の、重なりを上にするボタンで、足より手前にします
  4. ドラッグして、位置を左にずらします。
  5. 右側の登録ボタン「+」で、パレットに登録します
  6. 登録したパレットをタッチし、メニューから「下と重ねる」で、下がすけてみえます。
    「固定」をタッチすると、選択できなくなります
  7. 後ろのパネルを選んで、灰色にしましょう

5.背後の面から順番にかく

操作方法

  1. 多角形塗りつぶしをつかって、面を入力していきます。
  2. キーボードがある場合は、コントロールキーを押せば、頂点の位置に点が吸着します
  3. 色は塗り色パレットで、変更できます
  4. 全部の面が入力できたら、登録パレットをタッチし、「選択する」をタッチして、
    手前のパネルを選びます。
  5. 重なりを上にするボタンで、一番手前にします
  6. 固定や、表示属性は、右下のまるボタンでリセットできます。タッチすれば、手前のパネルが不透明になります

6.ブラウン管とアンテナをかく

操作方法

  1. 多角形をつかって、アンテナをかきましょう
  2. 右上の、3つめのタブから、スタンプが入力できます。角まるふきだしを入力しましょう
  3. 点追加、削除ボタンで、図形の点が表示されます。ふきだしの、つのの点を選びましょう
  4. 削除ボタンで、点を削除すれば、角まる四角形になります
  5. 四隅の点の位置を調整して、実体テレビにはめこみます

7.続きをつくって足の台を回転

操作方法

  1. ページの右側の「+」をタッチし、メニューから「続きのページを作る」をタッチします。1ページの内容が2ページにコピーされます
  2. 台を選んで、点選択ボタンをおします。台の点が表示されます
  3. 台の点を時計まわりに、移動させましょう
  4. 1ページの時間をタッチし、時間を6秒に変更します。
  5. プレイボタンをタッチして動きをみてみましょう。台が回転するアニメができました

8.面を選んで前面、横板、背面を分類

操作方法

  1. 図形を選択し、パレットの「+」ボタンをタッチすれば、図形がパレットに登録されます。
  2. パレットをタッチし、メニューから「追加登録する」をタッチすると、そのパレットに図形が追加されます。これで分類していきます
  3. 手前のパネルをいれたパレットをタッチし「隠す」をタッチすれば、表示が消えて、下が見えるようになります

9.前面パネルの角の点を結合

操作方法

  1. 手前のパネルのパレットをタッチし「隠す」を解除します。
  2. 全部の図形を選びます。「隠す」に設定された背後のパネルは選択されません
  3. 点選択モードにします。
  4. 左下の「+」ボタンを押して画面を拡大します
  5. 手前のパネルの、かどの点を外側からドラッグします。その場所にある点をすべて選びます
  6. 選択枠の中心の「+」メニューから「点の結合」を実行します。選んだ点が結合され、点のまわりにまるがつきます。
  7. 同じようにほかの角の点も結合します
  8. 左下の虫眼鏡ボタンで、全体が見える表示にもどります。
  9. 手前の八角形パネルの、8個のかどにある点を、同じように結合します。
    これで手前のパネルを動かすと、結合した側面や底面がいっしょに動くようになります

10.背後のパネルの角の点を結合

操作方法

  1. 手前のパネルのパレットをタッチし、隠します。手前のパネルが消えます
  2. 背後のパネルのパレットをタッチし、「隠す」を解除します。背後のパネルが表示されます
  3. 背後のパネルの、8個のかどにある点を、8箇所選んで、メニューから点を結合します。
  4. 左下の「+」「ー」ボタンをつかって、拡大縮小して、点を選んでください

11.前面、背面パネルを立体的に回転

操作方法

  1. 手前のパネルのパレットをタッチし、メニューから「選択」します。
  2. 選択枠の右側の辺のハンドルをタッチします。メニューから「のばす」を実行し、左下にむかって変形します
  3. 今度は、選択枠の左側の辺のハンドルをタッチし、メニューから「のばす」を実行し、右上にむかって変形します
  4. 手前のパネルが、直線になればOKです。次に、背後のパネルのパレットをタッチし、メニューから「選択」します。
  5. 選択枠の左側の辺のハンドルをタッチし、メニューから「のばす」を実行し、右上にむかって変形します
  6. 選択枠の右側の辺のハンドルをタッチします。メニューから「のばす」を実行し、左下にむかって変形します

12.アンテナを回転

操作方法

  1. アンテナを選んで、点選択モードにして形を変形します
  2. 横から見た形に変形します
  3. プレイボタンで動きをみてみましょう

13.ページをコピーして続きをつくる

操作方法

  1. 1ページのページ番号をタッチしメニューから「ページを記憶する」を実行。
  2. ページの右側の「+」をタッチし、メニューから「記憶したページをいれる」を実行します
  3. 1ページの内容が3ページにコピーされます

14.前面、背面パネルを反転して重なりを変更

操作方法

  1. 手前のパネルのパレットをタッチし、メニューから「選択」します。
  2. まず左下の「シフト」をおします。
  3. 次に、選択枠の右側の辺のハンドルをタッチし、メニューから「反転」を実行します。シフトをおせば、同じ位置で左右反転します
  4. 重なりを下げるボタンを何回かおして、一番下にさげます。
  5. 背後のパネルのパレットをタッチし、メニューから「選択」します。
  6. 左下の「シフト」をおしてから、
  7. 選択枠の右側の辺のハンドルをタッチし、メニューから「反転」を実行します。
    同じ位置で左右反転します
  8. 重なりをあげるボタンを何回か押して、一番手前にあげます。

15.前面、背面パネルの場所と色を入れ換え

操作方法

  1. 背後のパネルのパレットをタッチし、メニューから「選択」します。
  2. 中心をドラッグして、背面パネルを、前面パネルの位置に移動します。
  3. 色を前面パネルと同じ色に変更します。
  4. 次は、手前のパネルのパレットをタッチし、メニューから「選択」します。
  5. 中心をドラッグして、手前のパネルを、背面パネルの位置に移動します。
  6. 色を背面パネルと同じ色に変更します。
  7. 実体テレビを後ろからみた形になりました

16.アンテナと下の台を回転

操作方法

  1. アンテナを選んで、左右反転させます
  2. 台の点を180度回転させます

17.2ページのパネルの重なりを入れ換え

操作方法

  1. 2ページをタッチして、2ページに移動します
  2. 手前のパネルのパレットをタッチし「選択」します。
  3. 重なりを下げるボタンをタッチして、一番下にさげます
  4. 背後のパネルのパレットをタッチし「選択」します。
  5. 重なりをあげるボタンをタッチして、一番手前にあげます
  6. プレイボタンで動きをみてみましょう。180度回転するアニメができました

18.実体テレビのエンジンをつくる

操作方法

  1. 円を描くボタンをタッチし、円を3つかきます。円は中心からドラッグします
  2. 選択ボタンをおして、3つの円を選びます。
  3. 右側のカットボタンで、記憶ツールの中に円がはいります。
  4. 記憶ツールの下の、「q」ボタンをタッチ。好きな名前をつければ、記憶ツールの中の円が、アニメキャストになります
  5. アニメキャストの選択枠の、中心の「+」をタッチ、メニューから「アニメの修正」で、アニメキャストの中が開きます
  6. 3つの円がはいっています

19.エンジンを点滅させる

操作方法

  1. ページの右側の「+」ボタンをタッチし、続きのページを作ります。1ページが2ページにコピーされます
  2. 円を選び、塗り色ボタンで、カラーパレットから別の色を選びます
  3. 続きのページを作ります。2ページがコピーされます
  4. カラーパレットから別の色を選びます
  5. ステージの上の、太い文字が、ファイルと、アニメキャストの名前です。
    左側の文字をタッチし、「このアニメにもどる」をタッチします

20.エンジンを中に入れる

操作方法

  1. エンジンを選んで、重なりをさげるボタンで、パネルの下にいれます
  2. 選択枠の中心の「+」をタッチし、「複製」をタッチ。右側に移動します
  3. 2つのエンジンを選んで、「前のページにコピー」ボタンをタッチ。重なりを調整し、全部のページのテレビの中にいれます。回転に従ってエンジンの位置も変更してください

21.回転するテレビをアニメキャストにする

操作方法

  1. 1ページの番号をタッチし、メニューから「ページの指定 ここから」をタッチ。
  2. 3ページの番号をタッチし、メニューから「ページの指定 ここまで」をタッチ。
    これで全部のページが選ばれます
  3. ページの番号をタッチし、メニューから「まとめて切り取る」で、ページが記憶ツールにはいります。
  4. 「q」ボタンをタッチし、名前をつけて、アニメキャストにします
  5. 画面の左下に、アニメキャストを移動し、選択枠の角をドラッグして、サイズを小さくします。
  6. 続きのページをつくります
  7. アニメキャストをドラッグして、右上に移動します
  8. 選択枠のかどをタッチして、メニューから、「拡大、回転」します
  9. 1ページをタッチし、1ページにもどります
  10. アニメキャストには、赤い矢印ができています。これをタッチし、点を追加します。点を移動し、矢印を、上にまげます
  11. 1ページの左上のすきまをタッチ。メニューから往復」をタッチします。往復命令がはいります。これで、1ページと2ページの間を往復します
  12. 1ページの時間を15秒にします。
  13. プレイボタンで動きを見てみましょう

180度まで回転させる方法を説明しましたが、オープニングでは、360度回転させています。さらに背景や、ブラウン管に、作者のサインをつけました。

アニメキャストについて、こちらも参考になります。>ベクトルとビットマップの違い


解説動画の作り方

この記事のひとコマ解説GIFは、フリーソフト9VAeきゅうべえで作成しています。

9VAeきゅうべえのダウンロード

↑これを見るとダウンロード、キーフレーム補間、SVGイラストをパーツ化して口パクさせる方法がわかります。パソコンでもiPadでも同じ操作です。

  • 9VAeきゅうべえで、キャプチャー画面に、矢印や説明を加え、ページに「ひとコマ」設定すると解説動画が作れます。
  • Youtube動画より短く、キャプチャー画面の羅列より見やすいのが特長です。
  • FFmpeg を使って Youtube 動画にすることもできます。

 

画面キャプチャ方法

OS
画面キャプチャ方法
保存先
 Windows
クリップボード
(ペイントに貼り付けて保存)
 Mac
  • Shift + Command + 4 (ShiftキーはZの左、スペースでウィンドウ指定)
デスクトップ
 Android
  •  電源 + 音量Down
 adbコマンド (開発者向け)
  •  adb shell screencap -p /sdcard/screen.png
     adb pull /sdcard/screen.png
フォトアプリ>
ライブラリ>
Screenshots
 
iPhone / iPad
  •  ホームボタン + 電源ボタン
  • サイドボタン + 音量UP
写真>
アルバム>
スクリーンショット
 Linux Mint
  • Print Screen キー
クリップボード
ファイル
 Amazon Fire
  • 電源 + 音量Down 1秒長押し
  • USBケーブルでPCと接続し、
    設定>接続デバイス>USB>ファイル転送
ピクチャ >
スクリーンショット
 Chromebook
  • Shift + Ctrl + ウィンドウ一覧キー(上の中央のキー)
マイファイル >
ダウンロード

キャプチャ画像を転送する方法はこちら

キャプチャ画像を9VAeに読みこむ

f:id:dnjiro:20220119095713g:plain

  1. 画像入力ボタン「山」でキャプチャ画像を読み込む
  2. 画像の中心の「+」をクリック。メニューから「ステージの大きさにする」
  3. 画像の中心の「+」をクリック。メニューから「ページを画像に合わせる」

文字、矢印を入れる

f:id:dnjiro:20220119131719g:plain

  1. 文字入力ボタン「A」で数字を入力
  2. 角の■をドラッグでサイズ変更。
  3. 中心の「+」または枠線のドラッグで移動
  4. 線の種類ボタンをクリック。メニューから「→」で矢印に設定
  5. 折れ線ボタンをクリック
  6. 開始点
  7. 終了点
  8. 選択ボタンで入力終了
  9. 太さ設定ボタン。メニューから「太くする」で太くできます。
  10. 文字入力ボタン「A」で説明文章を入力
  11. 背景の色を設定
  12. 線の種類メニューの「ー」で枠線がつきます
  13. 太さ設定ボタン。メニューから「太くする」で太くできます。

文字の色、縁、影をつける

f:id:dnjiro:20220119140955g:plain

  1. 文字を選ぶ
  2. 文字タブ2をクリック
  3. 文字の色をクリック
  4. 赤に設定
  5. 文字と矢印をドラッグして選ぶ
  6. 図形タブ1をクリック
  7. 線の種類から「縁をつける」
  8. 線の種類から「影をつける」、線の種類から「広く」
  9. 線の色「赤」

ひとコマアニメーションにする

  1. ページ時間をクリック。メニューから「ひとコマ」を設定。これでアニメーションができます。
  2. プレイボタンで再生してみましょう。入力した順番に文字、矢印がでてきます。
  3. これで1ページ完成です。続きを作りたい場合は、ページの右側の「+」をクリックし「続きのページを作る」で、2ページ目が作成できます。

アニメGIF、動画出力

  • ファイルメニュー>アニメGIF出力」または「動画出力」で、好きなサイズのアニメGIF または MP4動画 が作成できます。
    Win / RaspberryPi / Linux版 でMP4動画を作るには FFmpeg が必要Youtube解説
  • スマホの場合、端末内の「9VAe」フォルダの中に出力されます。フォトアプリで、「端末内の写真>9VAe」で見ることができます。
  • アニメGIFは、背景を透明にできます。音がいれられません。
  • MP4動画には音が入れられます。Youtubeに投稿できます。Youtubeに投稿する場合、1秒30コマ、高さ720 または 1080 で出力するとよいでしょう。

 

 

9VAeをつかえば素材動画が作れる 

      • 9VAeきゅうべえを使えば、オリジナルの素材動画が簡単に作れます。
      • Openclipart や  FreeSVG などフリーのSVGイラストをつかって動くキャラクタが作れます。
      • 動画編集ソフトで動画に合成できます。

OS

無料動画ソフト

9VAeで作れる素材

Windows

CapCut

AviUtl

MP4

連番PNG または MP4

Mac/iPhone/iPad

CapCut

iMovie

MP4 

MP4

Android

CapCut

PowerDirector

MP4

GIF または MP4

作り方

 

      • もっと長いアニメを作ることもできます。以下をご覧ください。

9VAeきゅうべえ:長いアニメを作る方法 - Qiita

 

 

9VAeきゅうべえに関する質問

 

 

音楽にあわせて絵や写真がおどる動画の作り方

パソコンやスマホで、音楽にあわせて絵や写真がおどる動画の作り方を解説します。いらすとやを動かす方法はこちらダンス動画の作り方はこちら音声合成はこちら



ほかの解説動画はこちら

内容:

1.9VAeきゅうべえのダウンロード

アプリはフリーソフト9VAeきゅうべえを使います。下からダウンロードできます

操作方法

  1. 9VAeきゅうべえアニメ研究所をひらき、Downloadをタッチ
  2. ダウンロードする9VAeのアイコンをタッチ
  3. パソコン版は右上のダウンロードボタン。スマホタブレット版はアプリストアから「インストール」して開きます
  4. Mac版は解凍したあと、右ボタンメニューから「開く」を2回。Win版は「詳細情報」から実行します

2.サンプルリミックスを保存

操作方法

  1. 9VAeを起動し、ヘルプメニュー(サンプル)から「リミックス」
  2. ファイルメニュー「名前をつけて保存」で適当な名前で保存します。そのフォルダに「guiter-f」という音ファイルが保存されます。

3.キャラクタを新しいファイルに保存

操作方法

  1. キャラクタをタッチして選択。
  2. 右側の記憶ツールのコピーボタン「○」。キャラクタが記憶ツールに入ります。もしスマホ版で記憶ツールがみえなかったら、右下の「もどす」をタッチ
  3. ファイルメニュー「新規作成」
  4. 記憶ツールの下の貼り付けボタン「←」。メニューから「複製する」。これでキャラクタが新しいファイルにコピーされます

4.音楽ファイルを入れる

操作方法

  1. 右側の「♪」ボタンをタッチ。音「guiter-f」をいれます。
  2. ページの時間をタッチ。「1秒長くする」を何回かタッチし「10秒」にします。
  3. プレイボタンで再生。キャラクタが動きます。この動くキャラクタを9VAeでは「アニメキャスト」と呼びます。

5.アニメキャストを開く

操作方法

  1. アニメキャストを選びます。
  2. 選択枠の中心の「+」をタッチ。メニューから「アニメを修正」。アニメキャストの中が開きます。これをテンプレートにして絵や写真を動かしてみましょう。

6.キャラクタを画像に変更

操作方法

  1. 外側からドラッグして、9VAeキャラクタを全部選択
  2. 左側の削除ボタン。これで、図形が消えます。
  3. 右側の画像入力ボタンから、絵や写真を選んでいれましょう。どんな画像でもかまいません。写真がなければ絵をかいてもかまいません。
  4. 2ページをタッチして2ページに移動
  5. 全部選択
  6. 削除(
  7. 画像入力ボタン
  8. これを繰り返して、9VAeキャラクタを動かしたい絵・写真に変更してください。
  9. 「(new) >9vaeTalk」のような太字の左側をタッチ。メニューから「このアニメにもどる」で、元のアニメにもどります。「(new)」が元のファイル名「9vaeTalk」がアニメキャストのファイル名です

7.アニメキャストをサイズ変更

操作方法

  1. アニメキャストを選んで、ドラッグして中央に移動
  2. 選択枠の角の■をドラッグして拡大

8.アニメキャストのローマ字を変更

操作方法

  1. アニメキャストの選択枠の中心の「+」をタッチ。メニューから「sec...」とローマ字で書かれた部分をタッチして変更します
  2. 最初の数字は秒です。小数点がつかえます。8秒にしましょう。
  3. :の右側がアニメキャストのページです。「.」が最初のページ、「aiueo」が2から6ページを表します。ローマ字の子音でも画像が切り替わりますが、絵を切り替える場合は母音だけつかうとよいでしょう。「8.0:.aiueooo」と入力してください。8秒で8文字です。
  4. プレイボタンで再生。1秒で1枚ずつ絵が表示されます

9.速く切り替える

操作方法

  1. アニメキャストの選択枠の中心の「+」をタッチ。メニューからローマ字をタッチ
  2. 「8:..a.iauieuoeoeoe」と入力してください。8秒で16文字です。これで0.5秒ごとに絵が切り替わることになります。プレイボタンで再生してみてください。

10.アニメキャストにラベルをつける

操作方法

ローマ字では「.aiueo」の6枚で絵を切り替えますが、もっと絵の数を増やしたい場合は、ラベルを使います。

  1. アニメキャストの選択枠の中心の「+」をタッチ。メニューから「アニメを修正」
  2. 2ページの左上のすきまをタッチ。メニューから「ラベル入力/変更」で「a」を入力します。
  3. 同様に3ページのラベルを「i」
  4. 4ページのラベルを「u」
  5. 5,6ページのラベルを「e」「o」にします。ここで「aiueo」に設定しましたが、別の半角英数1文字でもかまいません。1ページは何をいれても「.」になります。
  6. 7ページのラベルを「X」にしましょう。
  7. 画像入力ボタンで7枚目の絵をいれます。
  8. 画面の上の太文字の左側をタッチ。メニューから「このアニメにもどる」で、元のアニメにもどります。

11.ローマ字ラベルを「X」に変更

操作方法

  1. アニメキャストの選択枠の中心の「+」をタッチ。メニューからローマ字をタッチ
  2. 「8:..a.iauieuXeXeXe」に変更してみましょう。プレイボタンで再生してみてください。「X」の文字のときに新しくいれた絵が表示されます。

12.長い音楽にあわせる方法

操作方法

  1. 先頭ページに「♪」ボタンで音楽のファイルをいれます。MP3、WAVの音ファイルが使えます。
  2. 上の方法をつかって、1小節分のアニメキャストを作ります。ローマ字の前の時間(秒)を1小節の長さに調整してください。0.01秒単位で長さを指定できます。コロン「:」の右側にローマ字またはラベル1文字いれると、全音符、2文字で2分音符、4文字で四分音符のようになります。同じ絵を続ける場合は、同じ文字を並べます
  3. ページにアニメキャストをいれたら、選択した状態で、ページの時間をタッチすれば、一番下の項目がアニメキャストの指定した時間になります。
  4. 2ページ以降、同じ時間のページを作成し、アニメキャストを複製してください。
  5. 各ページが音楽の1小節に対応するので、音楽の音符にあわせて、ローマ字の文字を修正します。文字の修正だけなので、タイムライン方式の他のアプリをつかうより、はるかに簡単に音楽にあわせた動きがつくれます
  6. プレイボタンで再生してみましょう。場合によっては、同期がすこしずつずれてくることもあるでしょう。その場合は、先頭のページ番号をタッチ「ページの指定ここから」。最後のページをタッチ「ページの指定ここまで」で全体を選択してから、ページの時間をタッチすれば「まとめて調整する」で、全体の時間を調整できます。音楽と同期して動くように全体の長さを調整してください。

13.動画出力

操作方法

  1. 完成したら、ファイルメニュー「動画出力」ですきなサイズ、すきなフレームレートのMP4動画が作成できます。パソコン版では最初に保存場所を指定します。スマホ版では、端末内部の「ダウンロード」フォルダのなかの「9VAe」フォルダにファイルができます。写真アプリでも再生できるはずです。

歌詞動画の例

dreamin' bird


www.youtube.com

アニメ(アマビエ)は以下のようにして作っています。

  • 胴体固定(背景)
  • 髪のゆらぎはキャスト
  • 歌詞はフレーズごとに調整してキャスト
  • 口パクは母音のみ5つのパーツを作り、歌詞と同様にキャスト
  • ギターのコードごとに左手の形のパーツを作成、位置合わせしてキャスト
  • 右手の腕、指のストローク・タッピングは数種類作成してキャスト
  • (1)歌詞(2)口の動きを曲に連動
  • ギターは実際に弾いているコードではない
  • 弦と手の動きを何種類かのキャストにして割当て
  • 口パクは「あ」「い」「う」「え」「お」の5種類の母音をキャストに  子音は考慮せず母音で統一
  • 口パクをリアルに近づけるときもちわるい絵になりますw

EllE


www.youtube.com

  • (1)歌詞(2)ギターコードと弦の動きを曲に連動
  • 曲で使われているコード数種類をキャストして割当て
  • 特殊なストロークとタッピングは別のキャストで割当て
  • 口パクは発声している箇所だけ「あ」「い」「お」の3種類をてきとうに繰り返し
  • グリーンバックのアニメにしてFilmoraという有料アプリで実写と合成。  実写はフリー素材

アニメキャストについて、こちらも参考になります。>ベクトルとビットマップの違い


解説動画の作り方

この記事のひとコマ解説GIFは、フリーソフト9VAeきゅうべえで作成しています。

9VAeきゅうべえのダウンロード

↑これを見るとダウンロード、キーフレーム補間、SVGイラストをパーツ化して口パクさせる方法がわかります。パソコンでもiPadでも同じ操作です。

  • 9VAeきゅうべえで、キャプチャー画面に、矢印や説明を加え、ページに「ひとコマ」設定すると解説動画が作れます。
  • Youtube動画より短く、キャプチャー画面の羅列より見やすいのが特長です。
  • FFmpeg を使って Youtube 動画にすることもできます。

 

画面キャプチャ方法

OS
画面キャプチャ方法
保存先
 Windows
クリップボード
(ペイントに貼り付けて保存)
 Mac
  • Shift + Command + 4 (ShiftキーはZの左、スペースでウィンドウ指定)
デスクトップ
 Android
  •  電源 + 音量Down
 adbコマンド (開発者向け)
  •  adb shell screencap -p /sdcard/screen.png
     adb pull /sdcard/screen.png
フォトアプリ>
ライブラリ>
Screenshots
 
iPhone / iPad
  •  ホームボタン + 電源ボタン
  • サイドボタン + 音量UP
写真>
アルバム>
スクリーンショット
 Linux Mint
  • Print Screen キー
クリップボード
ファイル
 Amazon Fire
  • 電源 + 音量Down 1秒長押し
  • USBケーブルでPCと接続し、
    設定>接続デバイス>USB>ファイル転送
ピクチャ >
スクリーンショット
 Chromebook
  • Shift + Ctrl + ウィンドウ一覧キー(上の中央のキー)
マイファイル >
ダウンロード

キャプチャ画像を転送する方法はこちら

キャプチャ画像を9VAeに読みこむ

f:id:dnjiro:20220119095713g:plain

  1. 画像入力ボタン「山」でキャプチャ画像を読み込む
  2. 画像の中心の「+」をクリック。メニューから「ステージの大きさにする」
  3. 画像の中心の「+」をクリック。メニューから「ページを画像に合わせる」

文字、矢印を入れる

f:id:dnjiro:20220119131719g:plain

  1. 文字入力ボタン「A」で数字を入力
  2. 角の■をドラッグでサイズ変更。
  3. 中心の「+」または枠線のドラッグで移動
  4. 線の種類ボタンをクリック。メニューから「→」で矢印に設定
  5. 折れ線ボタンをクリック
  6. 開始点
  7. 終了点
  8. 選択ボタンで入力終了
  9. 太さ設定ボタン。メニューから「太くする」で太くできます。
  10. 文字入力ボタン「A」で説明文章を入力
  11. 背景の色を設定
  12. 線の種類メニューの「ー」で枠線がつきます
  13. 太さ設定ボタン。メニューから「太くする」で太くできます。

文字の色、縁、影をつける

f:id:dnjiro:20220119140955g:plain

  1. 文字を選ぶ
  2. 文字タブ2をクリック
  3. 文字の色をクリック
  4. 赤に設定
  5. 文字と矢印をドラッグして選ぶ
  6. 図形タブ1をクリック
  7. 線の種類から「縁をつける」
  8. 線の種類から「影をつける」、線の種類から「広く」
  9. 線の色「赤」

ひとコマアニメーションにする

  1. ページ時間をクリック。メニューから「ひとコマ」を設定。これでアニメーションができます。
  2. プレイボタンで再生してみましょう。入力した順番に文字、矢印がでてきます。
  3. これで1ページ完成です。続きを作りたい場合は、ページの右側の「+」をクリックし「続きのページを作る」で、2ページ目が作成できます。

アニメGIF、動画出力

  • ファイルメニュー>アニメGIF出力」または「動画出力」で、好きなサイズのアニメGIF または MP4動画 が作成できます。
    Win / RaspberryPi / Linux版 でMP4動画を作るには FFmpeg が必要Youtube解説
  • スマホの場合、端末内の「9VAe」フォルダの中に出力されます。フォトアプリで、「端末内の写真>9VAe」で見ることができます。
  • アニメGIFは、背景を透明にできます。音がいれられません。
  • MP4動画には音が入れられます。Youtubeに投稿できます。Youtubeに投稿する場合、1秒30コマ、高さ720 または 1080 で出力するとよいでしょう。

 

 

9VAeをつかえば素材動画が作れる 

      • 9VAeきゅうべえを使えば、オリジナルの素材動画が簡単に作れます。
      • Openclipart や  FreeSVG などフリーのSVGイラストをつかって動くキャラクタが作れます。
      • 動画編集ソフトで動画に合成できます。

OS

無料動画ソフト

9VAeで作れる素材

Windows

CapCut

AviUtl

MP4

連番PNG または MP4

Mac/iPhone/iPad

CapCut

iMovie

MP4 

MP4

Android

CapCut

PowerDirector

MP4

GIF または MP4

作り方

 

      • もっと長いアニメを作ることもできます。以下をご覧ください。

9VAeきゅうべえ:長いアニメを作る方法 - Qiita

 

 

9VAeきゅうべえに関する質問

 

 

タブレットで、2分割画像、4分割画像を作成する方法

1万円台で入手できる、AndroidタブレットAmazon Fireタブレットで、2分割、4分割画像を作成する方法を解説します。いらすとやのイラストを動かす方法はこちら

ほかの解説動画はこちら

内容:

1.9VAeきゅうべえのダウンロード

アプリはフリーソフト9VAeきゅうべえを使います。下からダウンロードできます

操作方法

  1. 9VAeきゅうべえアニメ研究所をひらき、Downloadをタッチ
  2. ダウンロードする9VAeのアイコンをタッチ
  3. パソコン版は右上のダウンロードボタン。スマホタブレット版はアプリストアから「インストール」して開きます
  4. Mac版は解凍したあと、右ボタンメニューから「開く」を2回。Win版は「詳細情報」から実行します

2.画像を1枚読み込む、画像の幅を設定

操作方法

  1. 9VAeを起動したら、右側の画像ボタンをタッチし、画像を選びます。スマホ版でパレットが消えている場合は右下の「もどす」ボタン
  2. 画像を読み込んだら、ファイルメニュー(パソコン版はページメニュー)から「ページ設定」で、画像の幅を画像2枚分のサイズにします。画像サイズは画像をタッチすれば下に表示されます。(この数値は編集時の仮の値で、実際の画像サイズは出力時に設定できます)
  3. 画像をタッチして選択し、配置メニュー(パソコン版は調整メニュー>整列)から「左に寄せる」。これで画像が左端に配置されます。

3.2枚目を読み込む

操作方法

  1. 右側の画像ボタンをタッチし、画像を選びます。
  2. 配置メニュー(パソコン版は調整メニュー>整列)から「右に寄せる」。これで画像が右端に配置され、2分割画像ができます。
  3. 左下の虫眼鏡ボタンで全体が見えます

4.画像を出力

操作方法

  1. ファイルメニュー>画像出力で、画像サイズを設定すれば、PNG画像が出力されます
  2. スマホ版は、端末本体の、ダウンロードのなかの「9VAe」フォルダの中に出力されます。写真アプリでも見えるはずです

5.4分割画像の作り方

操作方法:続けて4分割画像の作り方

  1. ファイルメニュー(パソコン版はページメニュー)から「ページ設定」で、画像の高さを画像2枚分のサイズにします。画像サイズは画像をタッチすれば下に表示されます。(この数値は編集時の仮の値で、実際の画像サイズは出力時に設定できます)
  2. 外からドラッグして画像2枚選択
  3. シフトボタンを押してから、選択枠中央の「+」メニューから「複製」
  4. シフト+複製で同じ位置に複製されます
  5. 配置メニュー(パソコン版は調整メニュー>整列)から「下に寄せる」。これで画像が下端に配置され、4分割画像ができます。
  6. 左下の虫眼鏡ボタンで全体が見えます
  7. 左下の画像をタッチして選択
  8. 選択枠中央の「+」メニューから「絵・写真の変更」
  9. 右下の画像をタッチして選択
  10. 選択枠中央の「+」メニューから「絵・写真の変更」

これで4分割画像ができました。

ファイルメニュー>画像出力で、画像サイズを設定すれば、PNG画像が出力されます。

 

 

 


解説動画の作り方

この記事のひとコマ解説GIFは、フリーソフト9VAeきゅうべえで作成しています。

9VAeきゅうべえのダウンロード

↑これを見るとダウンロード、キーフレーム補間、SVGイラストをパーツ化して口パクさせる方法がわかります。パソコンでもiPadでも同じ操作です。

  • 9VAeきゅうべえで、キャプチャー画面に、矢印や説明を加え、ページに「ひとコマ」設定すると解説動画が作れます。
  • Youtube動画より短く、キャプチャー画面の羅列より見やすいのが特長です。
  • FFmpeg を使って Youtube 動画にすることもできます。

 

画面キャプチャ方法

OS
画面キャプチャ方法
保存先
 Windows
クリップボード
(ペイントに貼り付けて保存)
 Mac
  • Shift + Command + 4 (ShiftキーはZの左、スペースでウィンドウ指定)
デスクトップ
 Android
  •  電源 + 音量Down
 adbコマンド (開発者向け)
  •  adb shell screencap -p /sdcard/screen.png
     adb pull /sdcard/screen.png
フォトアプリ>
ライブラリ>
Screenshots
 
iPhone / iPad
  •  ホームボタン + 電源ボタン
  • サイドボタン + 音量UP
写真>
アルバム>
スクリーンショット
 Linux Mint
  • Print Screen キー
クリップボード
ファイル
 Amazon Fire
  • 電源 + 音量Down 1秒長押し
  • USBケーブルでPCと接続し、
    設定>接続デバイス>USB>ファイル転送
ピクチャ >
スクリーンショット
 Chromebook
  • Shift + Ctrl + ウィンドウ一覧キー(上の中央のキー)
マイファイル >
ダウンロード

キャプチャ画像を転送する方法はこちら

キャプチャ画像を9VAeに読みこむ

f:id:dnjiro:20220119095713g:plain

  1. 画像入力ボタン「山」でキャプチャ画像を読み込む
  2. 画像の中心の「+」をクリック。メニューから「ステージの大きさにする」
  3. 画像の中心の「+」をクリック。メニューから「ページを画像に合わせる」

文字、矢印を入れる

f:id:dnjiro:20220119131719g:plain

  1. 文字入力ボタン「A」で数字を入力
  2. 角の■をドラッグでサイズ変更。
  3. 中心の「+」または枠線のドラッグで移動
  4. 線の種類ボタンをクリック。メニューから「→」で矢印に設定
  5. 折れ線ボタンをクリック
  6. 開始点
  7. 終了点
  8. 選択ボタンで入力終了
  9. 太さ設定ボタン。メニューから「太くする」で太くできます。
  10. 文字入力ボタン「A」で説明文章を入力
  11. 背景の色を設定
  12. 線の種類メニューの「ー」で枠線がつきます
  13. 太さ設定ボタン。メニューから「太くする」で太くできます。

文字の色、縁、影をつける

f:id:dnjiro:20220119140955g:plain

  1. 文字を選ぶ
  2. 文字タブ2をクリック
  3. 文字の色をクリック
  4. 赤に設定
  5. 文字と矢印をドラッグして選ぶ
  6. 図形タブ1をクリック
  7. 線の種類から「縁をつける」
  8. 線の種類から「影をつける」、線の種類から「広く」
  9. 線の色「赤」

ひとコマアニメーションにする

  1. ページ時間をクリック。メニューから「ひとコマ」を設定。これでアニメーションができます。
  2. プレイボタンで再生してみましょう。入力した順番に文字、矢印がでてきます。
  3. これで1ページ完成です。続きを作りたい場合は、ページの右側の「+」をクリックし「続きのページを作る」で、2ページ目が作成できます。

アニメGIF、動画出力

  • ファイルメニュー>アニメGIF出力」または「動画出力」で、好きなサイズのアニメGIF または MP4動画 が作成できます。
    Win / RaspberryPi / Linux版 でMP4動画を作るには FFmpeg が必要Youtube解説
  • スマホの場合、端末内の「9VAe」フォルダの中に出力されます。フォトアプリで、「端末内の写真>9VAe」で見ることができます。
  • アニメGIFは、背景を透明にできます。音がいれられません。
  • MP4動画には音が入れられます。Youtubeに投稿できます。Youtubeに投稿する場合、1秒30コマ、高さ720 または 1080 で出力するとよいでしょう。

 

 

9VAeをつかえば素材動画が作れる 

      • 9VAeきゅうべえを使えば、オリジナルの素材動画が簡単に作れます。
      • Openclipart や  FreeSVG などフリーのSVGイラストをつかって動くキャラクタが作れます。
      • 動画編集ソフトで動画に合成できます。

OS

無料動画ソフト

9VAeで作れる素材

Windows

CapCut

AviUtl

MP4

連番PNG または MP4

Mac/iPhone/iPad

CapCut

iMovie

MP4 

MP4

Android

CapCut

PowerDirector

MP4

GIF または MP4

作り方

 

      • もっと長いアニメを作ることもできます。以下をご覧ください。

9VAeきゅうべえ:長いアニメを作る方法 - Qiita

 

 

9VAeきゅうべえに関する質問