dnjiro’s 9VAe blog

誰でもアニメが作れる無料ソフト9VAeきゅうべえ開発者のブログ

プレゼン用動くイラストを9VAeきゅうべえで作る

プレゼンで使う動くイラストを自作してみましょう。9VAeきゅうべえアンドロイド版でもPC版iPad/iPhone版でもつくれます。

 

f:id:dnjiro:20200203141121g:plain

作成時間は5分程度です。他のアニメの作り方はこちらをご覧ください

 


プレゼン用動くイラストを9VAeきゅうべえで作る

 

■ 9VAeきゅうべえのダウンロード

LibreOffice のダウンロード

今回は、オープンソースのオフィスのプレゼンテーションソフト「LibreOffice Impress Windows版」と、9VAeを使います。

PowerPointKeynoteスマートフォンでも作れます。3から実行してください。

 

1. LibreOffice Impress で図形を描いてカットする

Windows版 の Impress と 9VAeきゅうべえは相性がよく、Impressで描いた図形をコピーし、9VAeで貼り付けすれば、図形を9VAeに取り込むことができます。下は Impressの編集画面です。

 

f:id:dnjiro:20200203090606p:plain

  1. Impress 挿入メニュー(上図A)>シェイプ>矢印>スプリット矢印をクリック
  2. 画面をドラッグ(下図B)して矢印をかく
  3. Impress 編集メニュー(下図C)>「切り取り」をクリック(または、Ctrl+X)。これで上向き矢印が切り取りされます。

f:id:dnjiro:20200203091627p:plain

 

2. 9VAeきゅうべえで、貼り付け

f:id:dnjiro:20200203092404p:plain

  1. 9VAeきゅうべえで「編集メニュー(上図D)>貼り付け」をクリック(または Ctrl+V)。これで上向き矢印が9VAeきゅうべえの中にはいります。

 

3.LibreOfficeでない場合、SVGイラストをダウンロード

 
  1. 以下のイラストを開く 。ダウンロードは「[↓] SVG FILE」ボタン

    Vector image of divergent symbol | FreeSVG

  2. スマホの場合「[↓] SVG FILE」ボタンを長押し。メニューから「リンクアドレスをコピー」をタッチ。9VAeきゅうべえのツールメニュー>「ネットからダウンロード」のあと、http:入力エリアを長押しして「貼り付け(ペースト)」。これで、上向き矢印のイラストが読み込まれます。その後、選択枠中心の「+」をタッチし「アニメを修正」をタッチしてください。
  3. パソコンの場合は「[↓] SVG FILE」ボタンを右ボタンでクリック。「対象をファイルに保存」または「リンク先のファイルをダウンロード」。9VAeきゅうべえメニューから「ファイル>開く」をクリック。ダウンロードしたファイルを選ぶ
これで、上向き矢印のイラストが読み込まれます。
 

4. 続きのページを作成

  1. ページの右側の「+」(上図E)をクリック。メニューから「続きのページを作る」
1ページの内容がコピーされ、2ページができます(下図)。どちらかのページを修正すればなめらかに動くアニメーションができます。

f:id:dnjiro:20200203144444p:plain


 

 

5. 矢印内部の点を表示し、矢印の頭の点を選んで右上に伸ばす

  1. 矢印をクリック(上図F)して選択。
  2. 点選択ボタン(上図G)をクリック。矢印の頂点△が上図のように表示されます。(△はとがった点です。曲線上の点があれば、□で表示されます。)
  3. 右上の矢印の頭だけを外からドラッグして選択(上図H)
  4. 選択枠をドラッグして矢印の頭を右上に移動します(下図I)(選択枠中心の「+」をドラッグしてもよいです)
  5. f:id:dnjiro:20200203094535p:plain

 

6. 1ページの矢印を左上に伸ばす、往復ボタンを入れ、0.5秒にする

  1. 1ページ(上図J)をクリックして1ページに移動
  2. 左側の矢印の先の点(下図K)を選び、右上にドラッグして伸ばしましょう
  3. 1ページの左肩の小さなボタン(下図L)をクリック。メニューから「往復」をクリック。(1ページに移動していないと「往復」は表示されません)
  4. 1ページの時間「1秒」(下図M)をクリック。メニューから「0.1病短くする」を何回かクリックしてページの時間を0.5秒にしましょう。
  5. プレイボタン(下図N)で動きをみてください。簡単にできたでしょう。停止は右側のストップボタンです。f:id:dnjiro:20200203095248p:plain

7. アニメーション全体のサイズ、位置調整

  1. 1ページのページ番号「1」(上図O)をクリック。メニューから「ページの指定ここから」をクリック
  2. 2ページのページ番号「2」(上図P)をクリック。メニューから「ページの指定ここまで」をクリック。これで2ページ全体が選ばれたことになり、まとめてサイズ、位置調整ができます。複数ページが選択されたとき選択枠は下図のように2重線になります。
  3. 選択枠の角のハンドル(下図Q)をドラッグしてサイズを縮小
  4. 選択枠の枠線(下図R)をドラッグして下に移動

    f:id:dnjiro:20200203112507p:plain





 

8. 1ページに文字を入れる

  1. 1ページ(上図S)をクリックして1ページに移動
  2. 文字入力ボタン「A」(上図T)をクリック。右側の矢印の上に「使わない」左側の矢印の上に「9VAeきゅうべえを使う」と入力してみましょう
  3. 入力したあと、選択枠の角(下図U)をドラッグして文字のサイズが調整できます。
  4. 選択枠の枠線(下図V)をドラッグ(または中心の「+」をドラッグ)すれば位置を調整できます。
  5. 文字にイフェクトをつけてみましょう。イフェクトをつけるボタン(下図W)をクリックしメニューから「縁をつける」、もう一度クリックし「ぶれをつける」効果をつけました。
  6. 縁の色はカラーパレットの色2(下図X)で設定できます。
  7. プレイボタン(下図Y)でどう動くか見てください。停止は右側のストップボタンです。

    f:id:dnjiro:20200203111736p:plain

 なお、1ページに「往復」命令がはいっているため、2ページに文字をいれても表示されない(2ページに進まない)点に注意してください。

 

9.アニメGIF出力

  • ファイルメニュー>「アニメGIF出力」でアニメGIFが作成できます。
  • パソコン版の場合、最初に保存場所、ファイル名を指定します。デスクトップなど、わかりやすい場所に作成してください。
  • 今回のアニメは「往復」命令があるため、再生時間が無制限となり、時間を自分で設定する必要があります。往復1秒なので、出力秒数は1秒にするとよいでしょう。
  • LibreOffice Impress などプレゼンソフトに入れる場合「背景を透明にする」にチェックを入れておきます。
  • Androidの場合、完成したファイルは、端末内の「9VAe」フォルダの中に、指定した名前で出力されます。フォトアプリで、「端末内の写真>9VAe」で見ることができます。

 

10.プレゼンソフトに、画像として入れる

作成したアニメGIFプレゼンソフトに画像(写真と同じ)として挿入します。再生すればアニメーションになります。

 

  1. LibreOffice Impress の「挿入メニュー(下図Z)>画像」をクリック。上で保存したアニメGIFファイルを選ぶ。

 

f:id:dnjiro:20200203124256p:plain

 

9VAeをつかえば短い動画クリップがすぐ作れる 

  • 9VAeきゅうべえを使えば、短い動画クリップがすぐ作れます。今回は、LibreOfficeのシェイプ図形を使いましたが、FreeSVG Openclipart など多くのSVGイラストサイトの素材を入力し、続きのページを作成して一部変形し、1ペジに「往復」命令をいれれば、動画になります。いろんな動画をつくってみてください。
  • 9VAeは各ソフトにあわせて、いろんなフォーマットでクリップ動画を出力できます。
アプリ クリップ形式 作り方
PowerPoint
LibreOffice
Keynote
アニメGIF 背景を透明にして出力
iMovie
PowerDirector
グリーンバック動画 先頭に背景ページをいれ、緑色の四角を入れる
AviUtl 連番PNG 背景を透明にして出力

 

  • もっと長いアニメや動画を作ることもできます。以下をご覧ください。

9VAeきゅうべえ:長いアニメを作る方法 - Qiita

 

 

9VAeきゅうべえに関する問い合わせ