dnjiro’s 9VAe blog

誰でもアニメが作れる無料ソフト9VAeきゅうべえ開発者のブログ

いらすとやのイラストから動画が作れる無料アプリ「9VAeきゅうべえ」

フリーソフト9VAeきゅうべえを使って「いらすとや」のイラストから動画を作る方法を説明します。作業時間は10分くらいです。パソコン版9VAeiPhone/iPadAndroidでもできます。動画編集用素材サムネイルも作れます。ACイラストはこちら

f:id:dnjiro:20220102102840g:plain

Youtubeの解説をみる他のアニメの作り方はこちら9VAeの質問はこちら

 

内容:10分程度

 

■ 9VAeきゅうべえのダウンロード

f:id:dnjiro:20220214104001g:plain



1.「いらすとや」からイラストをダウンロード

  • 「いらすとや」を開きましょう。フリーイラスト素材が多数掲載されています。

 以下、説明画面では、ABCDの順番に操作していきます。

f:id:dnjiro:20210502224132g:plain

  1. イベントのイラスト(上図A)をタッチ
  2. お花見のイラスト(上図B)をタッチ
  3. 歩きながらお花見をする人のイラスト(上図C)をタッチ
  4. お花見のイラスト(上図D)をタッチ。パソコンの場合は、右ボタンメニューから「名前をつけて画像を保存」。iPhone/iPadの場合はイラストの上を長押しし「写真に追加」。Androidの場合はイラストの上を長押しし「画像をダウンロード」。これでお花見のイラストがダウンロードされます。
  5. ページをひとつもどって、お花見イラストの画面の左側のマスク(上図E)をタッチ。これが見つからないときは「いろんな角度 マスク」を検索。
  6. マスク(上図F)をタッチ。
  7. マスクが表示されるので、パソコンの場合は、右ボタンメニューから「名前をつけて画像を保存」。iPhone/iPadの場合はイラストの上を長押しし「写真に追加」。Androidの場合はイラストの上を長押しし「画像をダウンロード」。これでマスクのイラストがダウンロードされます。

 

2.9VAeを起動し、イラストを読み込む

  1. 9VAeを起動。

    f:id:dnjiro:20210502232048g:plain

  2. 画像入力ボタン(上図G)をタッチ。ダウンロードしたお花見の画像を選んで入力。パソコン版の場合は、保存したフォルダから画像を選択します。iPhone版は「写真から」をタッチし、カメラロールから画像を選びます。Android版の場合は、メニューの「---Download--->」 の下のファイル名をタッチします。上図のように読み込まれます。

  3. もう一度、画像入力ボタン(上図G)をタッチ。マスクを読み込むと下図のようになります。

f:id:dnjiro:20201015125339g:plainメモ:9VAeはVer.0.7.8 から、背景が透明なPNGに対応しました。もし背景が黒くて透明でない場合、9VAeを最新版にしてください。

f:id:dnjiro:20201015125339g:plainメモ:iPhone版の初期画面は背景が黒です。表示メニュー「ダークモード」で背景が白と黒を切り替えできます。

f:id:dnjiro:20201015125339g:plainメモ:スマホ版は横にして画面をタッチし、ファイルメニュー「新規作成」タッチすれば横長画面になります。ファイルメニュー「ページ設定」で好きな縦横比に設定できます。

3.続きのページを作成し、サイズ変更

  1. 動きをつけるために、まず続きのページを作ります。上のページ欄の右側の「+」(上図H)をタッチ。メニューから「続きのページを作る」をタッチ。これで2ページめができます。
  2. 2ページでマスクの選択枠の角のハンドル(上図I)を内側にドラッグしてマスクを小さくします。
  3. 選択枠中心の「+」(上図J)をドラッグしてマスクを口の上に移動させます。(

f:id:dnjiro:20201015125339g:plainメモ:選択枠の角のハンドルで拡大縮小。中心の「+」もしくは枠線のドラッグで移動ができます。

  

4. マスクを記憶ツールにコピー

f:id:dnjiro:20210502234842g:plain

  1. となりの人にもマスクをつけましょう。マスクの選択枠の「+」ボタン(上図K)をタッチ。メニューから「つながった図形を選択」をタッチ。これで2ページ分のマスクが選択されます。複数ページ選択されたことを示すために選択枠が二重線になります。
  2. 記憶ツールにコピーするボタン(上図L)をタッチ。これでマスク(2ページ分)が記憶ツール(下の四角)に入ります。
  3. 続きのページをつくるボタン「+」(上図M)をタッチ。メニューから「続きのページを作る」をタッチ。3ページめができます。(下図)

f:id:dnjiro:20201015125339g:plainメモ:選択枠中心の「+」から「つながった図形を選択」をすれば複数ページの図形をまとめて選ぶことができます。記憶ツールには複数ページをコピーできます。

 

5. マスクを複製する

  1. 2ページ(上図N)をタッチして2ページに移動。
  2. 記憶ツールから取り出すボタン(上図O)をタッチ。メニューから「複製する」をタッチ。マスクが2ページ、3ページに複製されます。2ページに大きなマスク、3ページに小さなマスクが入ります。(下図)

f:id:dnjiro:20201015125339g:plainメモ:記憶ツールから取り出すときに「複製する」を選ぶと新しい図形が入力されます。

 

6. マスクの位置を変更

f:id:dnjiro:20210502235945g:plain

  1. 3ページ(上図P)をタッチして3ページに移動。
  2. 何もないところをタッチして選択をいったん解除。
  3. マスクをタッチして選択し、中心の「+」をドラッグして移動(下図Q)
  4. プレイボタン(下図R)で動きをみてみましょう。

f:id:dnjiro:20201015125339g:plainメモ:選択枠が二重線のとき、複数ページが選択されているため、ドラッグすると2ページのマスクも移動します。そのため、何もないところをタッチして選択を解除し、3ページのマスクだけ選び、移動します。 

 

f:id:dnjiro:20210310214301g:plain

7. 文字を入れる

  1. 文字入力ボタン「A」(下図S)をタッチ。「マスク着用」と文字をいれましょう。
  2. 選択枠の角のハンドル(下図T)をドラッグすれば文字のサイズを変更できます。
  3. 選択枠中心の「+」(下図U)をドラッグすれば文字を移動できます。
  4. 線の種類ボタン(下図V)をタッチ。メニューから「縁をつける」「影をつける」を選べば、文字に縁と影がつきます。縁の色は色2(下図W)で変更できます。
  5. 文字の色は、文字タブ(下図X)をタッチし、色のボタンを押して変更できます。下図では青色に変更しました。

    f:id:dnjiro:20210503012120g:plain

f:id:dnjiro:20201015125339g:plainメモ:線の種類ボタン(上図V)の「縁、ぼかし、ぶれ、影、光」といった属性は文字にもつけられます。

 

8. 続きのページをつくって、文字を移動

  1. 文字を動かすために、続きのページをつくるボタン(上図Y)をタッチ。メニューから「続きのページを作る」をタッチ。これで4ページめができます。
  2. 3ページ(上図Z)をタッチして3ページに移動。
  3. 文字を選択し、選択枠中心「+」(上図a)をドラッグして右側に移動しましょう。
  4. プレイボタン(上図b)で動きをみてみましょう。

f:id:dnjiro:20210310222003g:plain

f:id:dnjiro:20201015125339g:plainメモ:各ページの上に「1秒」と表示されているように、1秒ごとに動作が完了します。この時間をタッチして変更すればスピードを変更できます。もっと複雑な動きの作り方はこちら

 

9. アニメGIF / 動画(MP4)出力

  1. 出力する前に「ファイルメニュー>名前を付けて保存」で名前をつけて保存しておきましょう。
  2. ファイルメニュー>アニメGIF出力」または「動画出力」で、好きなサイズのアニメGIF または MP4動画 が作成できます。
    Win / RaspberryPi / Linux版 でMP4動画を作るには FFmpeg が必要です
  3. スマホの場合、端末内の「9VAe」フォルダの中に出力されます。フォトアプリで、「端末内の写真>9VAe」で見ることができます。
  4. アニメGIFは、背景を透明にできます。音がいれられません。
  5. MP4動画には音が入れられます。Youtubeに投稿できます。動画素材を作る場合、画面サイズは、幅を空白、高さを720または1080、コマ/秒を30にするとよいでしょう。「OK」ボタンでアニメGIFが出力されます。
  6. f:id:dnjiro:20201213004713p:plain

 

f:id:dnjiro:20201016170757g:plainメモ:Mac / iOS / Android 版は、MP4動画が出力できます。Windows / Linux版は FFmpeg を使えばMP4動画が作れます

  

動画編集ソフトと組み合わせてMP4動画を作成する
 

OS

フリーソフト

9VAeで作成する素材動画

Windows
AviUtl
連番PNG または MP4
Mac / iPhone / iPad
iMovie
MP4
Android / Chromebook
PowerDirector , CapCut
MP4

 

  • もっと長いアニメを作ることもできます。以下をご覧ください。

9VAeきゅうべえ:長いアニメを作る方法 - Qiita

 

 

10. サムネイル画像の作成

  • 9VAe Ver.0.8.5 (スマホ Ver1.5)から各ページを任意サイズのPNG画像に出力する機能がつきました。
  1. ファイルメニュー>画像出力。パソコン版は先に保存フォルダと保存名を指定します。
  2. 画像設定画面で、画像サイズ(縦横ドット数)を指定します。Youtube サムネイルは 1280x720 推奨。 サムネイルの場合「背景を透明にする」にはチェックをいれないほうがよいでしょう。
  3. 原稿の縦横比率を変更したい場合は、「ページメニュー>ページ設定」でステージのサイズを変更します。

 

 


解説動画の作り方

この記事のひとコマ解説GIFは、フリーソフト9VAeきゅうべえで作成しています。

9VAeきゅうべえのダウンロード

 

  • 9VAeきゅうべえで、キャプチャー画面に、矢印や説明を加え、ページに「ひとコマ」設定するだけで作れます。
  • Youtube動画より短く、キャプチャー画面の羅列より見やすいのが特長です。
  • FFmpeg を使って Youtube 動画にすることもできます。

 

画面キャプチャ方法

OS
画面キャプチャ方法
保存先
 Windows
クリップボード
 Mac
  • Shift + Command + 4 
デスクトップ
 Android
  •  電源 + 音量Down
 adbコマンド (開発者向け)
  •  adb shell screencap -p /sdcard/screen.png
     adb pull /sdcard/screen.png
フォトアプリ>
スクリーンショット
 
iPhone / iPad
  •  ホームボタン + 電源ボタン
  • サイドボタン + 音量UP
写真>
アルバム>
スクリーンショット
 Linux Mint
  • Print Screen キー
クリップボード
ファイル
 Amazon Fire
  • 電源 + 音量Down 1秒長押し
  • USBケーブルでPCと接続し、
    設定>接続デバイス>USB>ファイル転送
ピクチャ >
スクリーンショット

 

キャプチャ画像を9VAeに読みこむ

f:id:dnjiro:20220119095713g:plain

  1. 画像入力ボタン「山」でキャプチャ画像を読み込む
  2. 画像の中心の「+」をクリック。メニューから「ステージの大きさにする」
  3. 画像の中心の「+」をクリック。メニューから「ページを画像に合わせる」

文字、矢印を入れる

f:id:dnjiro:20220119131719g:plain

  1. 文字入力ボタン「A」で数字を入力
  2. 角の■をドラッグでサイズ変更。
  3. 中心の「+」または枠線のドラッグで移動
  4. 線の種類ボタンをクリック。メニューから「→」で矢印に設定
  5. 折れ線ボタンをクリック
  6. 開始点
  7. 終了点
  8. 選択ボタンで入力終了
  9. 太さ設定ボタン。メニューから「太くする」で太くできます。
  10. 文字入力ボタン「A」で説明文章を入力
  11. 背景の色を設定
  12. 線の種類メニューの「ー」で枠線がつきます
  13. 太さ設定ボタン。メニューから「太くする」で太くできます。

文字の色、縁、影をつける

f:id:dnjiro:20220119140955g:plain

  1. 文字を選ぶ
  2. 文字タブ2をクリック
  3. 文字の色をクリック
  4. 赤に設定
  5. 文字と矢印をドラッグして選ぶ
  6. 図形タブ1をクリック
  7. 線の種類から「縁をつける」
  8. 線の種類から「影をつける」、線の種類から「広く」
  9. 線の色「赤」

ひとコマアニメーションにする

f:id:dnjiro:20220119154101g:plain

  1. ページ時間をクリック。メニューから「ひとコマ」を設定。これでアニメーションができます。
  2. プレイボタンで再生してみましょう。入力した順番に文字、矢印がでてきます。
  3. これで1ページ完成です。続きを作りたい場合は、ページの右側の「+」をクリックし「続きのページを作る」で、2ページ目が作成できます。

アニメGIF、動画出力

  • ファイルメニュー>アニメGIF出力」または「動画出力」で、好きなサイズのアニメGIF または MP4動画 が作成できます。
    Win / RaspberryPi / Linux版 でMP4動画を作るには FFmpeg が必要です
  • スマホの場合、端末内の「9VAe」フォルダの中に出力されます。フォトアプリで、「端末内の写真>9VAe」で見ることができます。
  • アニメGIFは、背景を透明にできます。音がいれられません。
  • MP4動画には音が入れられます。Youtubeに投稿できます。Youtubeに投稿する場合、1秒30コマ、高さ720 または 1080 で出力するとよいでしょう。

 

 

9VAeきゅうべえに関する質問