dnjiro’s 9VAe blog

誰でもアニメが作れる無料ソフト9VAeきゅうべえ開発者のブログ

9VAeきゅうべえを使った手描きスケッチ風動画の作り方

手描きスケッチ風動画の作り方の質問があったので、9VAeきゅうべえを使った作り方を説明しとく。下のようなアニメが誰でもつくれるよ。

 

f:id:dnjiro:20170901100755g:plain

手順は次のとおり。

 

1.9VAeの「1.」をクリックしてから、背景ページに写真を入れる

  1. フリーソフト9VAeきゅうべえを起動。
  2. 「ファイル>新規作成」
  3. ページの右側の「1.えんぴつの絵」をクリック。「線を書いた後もう一度「1.」ボタンを押してください」が出たら、OKをクリック。★この作業は重要でこれをやっておかないと、書き順アニメを作ってくれない。
  4. ページの左側の「<」をクリック。メニューから「背景ページを入れる」をクリック。>背景ページが左側にできる。
  5. 背景ページの「背景」をクリック。メニューから「絵・写真を入れる」をクリック。好きな写真を入れる。

2.画面サイズの調整

  1. 画面のサイズと写真の縦横比率があわなかったら、メニューバーから「ページ>ページ設定」をクリックし、ページのサイズを変更する。たぶん4:3にするとよいので「512x384」にするとよいでしょう。
  2. 写真を画面全体にあわせる場合、写真を選んで、選択枠の中心「+」をクリック。「ステージの大きさにする」をクリックするとよいです。

3.写真をなぞって絵を描く

  1. 2ページをクリックして2ページに移動。背景に入れた写真が下に見えるはず。
  2. 左上のツールパレットから「えんぴつ」ボタンをクリック。上の「1.えんぴつの絵」をクリックしてもよい。これで線を書くモードになる。(ページが2ページ以上ある状態では「1.」をクリックしても書き順アニメ作成にならない。)
  3. 写真の上をなぞる。線が太いと感じたら右側のパレットで調節できる。4つならんだ箱が線の属性。左から「線の色」「線の太さ」「線の種類」「矢印」。ちなみに上の色は塗り色で今回は使わない。
  4. 失敗したら、「Backspace」キーで元に戻れる。
  5. 描いた線は、あとから選択して、頂点を移動させることができるので、あまり気にせず入力すればよい。

4.書き順アニメの作成

  1. 絵が完成したら、背景ページの下の番号「1」をクリック。メニューから「ページを切り取る」をクリック。これで、描いた絵1ページだけになる。
  2. 「1.えんぴつの絵」をクリック。これで絵を描いていく書き順アニメができる。

5.手描きスケッチから写真に変化させる

  1. 上の「←2.」をクリック。メニューから「続きのページを作る」をクリック。これで2ページ目ができる。
  2. 2ページの時間が長すぎるので、2ページの上の時間「xx秒」をクリック。一番上の時間をクリックして「2秒」ぐらいにする。これが写真に変化する時間になる。
  3. メニューバー「ツール>絵・写真を入れる」をクリックして2ページに写真を入れる。
  4. 右側パレットの大きなボタン(塗り色設定)をクリック。メニューの一番上が透明度なので、一番左を押すと写真が透明になる。
  5. 上の「←2.」をクリックして「続きのページを作る」。3ページ目ができる。
  6. 3ページの写真をクリックして選択。透明度を元に戻す。
  7. 右側パレットの大きなボタンをクリック。透明度の一番右側を押して写真が見えるようにする。これでひとまず完成。
  8. 「3.プレイボタン」をクリック。上のようなスケッチが描かれたあと、写真に変化するアニメになるでしょう。

6.動画にする

  1. 「ファイル>アニメGIF出力」をクリック。保存先のフォルダを選ぶ。
  2. アニメGIFの出力画面が出るので、出力したいサイズ、秒間のコマ数を設定。「背景を透明にする」のチェックは外しておくとよい。
  3. 上のアニメも、このようにして作りました。
  4. Youtube向けの動画を作りたい場合は、連番PNG/BMP出力を使うとよいでしょう。詳細は

    AviUtil と 9VAeきゅうべえを使った簡単アニメ動画作成 - Qiita

 

7.応用編